鹿児島 引越し業者 格安

引越し業者を鹿児島で選ぶ最も簡単な方法

引越し業者鹿児島

引越し料金 鹿児島

引っ越し業者 見積もり 鹿児島

引越し 価格 鹿児島

引越し 費用 鹿児島

 

たくさんある引っ越し業者の中から、一番良い1社を見つけたい。
でも、電話帳やインターネットで調べると鹿児島市だけでも190件以上ヒットします。

 

こんな多くのお店の中から引っ越し業者を1社だけ選ぶのは、大変な作業です。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

1回情報を入力すれば、200社以上の会社から最大で10件を選んで見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

あなた自身の引っ越し料金の相場はもちろん、最安値の会社も簡単に見つけることができます。
サービスが充実している大手の引越し業者にするのか、価格が安い地元密着の引っ越し会社にするのかは、あなた次第です。

 

良い引っ越し業者を選びたいなら、複数の引っ越し業者の見積もりを比較するのがオススメです。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

引越し料金を安くする方法

 

鹿児島 引越し 安く

 

引越し料金、少しでも安くならないかな・・・と思いませんか? 
引越しの費用が安くなる条件は「他の人があまりやりたくない日にちや時間を狙う!」ということです。

 

3〜4月は繁忙期と呼ばれ、引越しの件数がそもそも他の月に比べてもきわめて多いです。
さらに土日祝日の午前中、大安などは引越ししたい人が多いため、引越し料金もやや高めに設定されています。

 

逆にいうと通常期の平日の午後、もしくは時間を指定しないフリー便、仏滅などは人気があまりないので値引きされやすいのです。
これらの条件で引越し出来るのであれば引越し費用は安くなりますのでオススメです。

 

もし引っ越しを手伝ってくれる友人がいるなら、トラックと運転手だけを手配するチャーター便もオススメです。

 

さらに費用が高額になりがちな長距離引越しは、混載便というものがあります。
同じ方面に荷物を運びたい人と一緒に、自分の荷物を運んでもらうということで費用がかなり抑えられます。
ただ混載便は手配が出来るまでにちょっと時間がかかる場合もありますので、大事なものや必要なものは自分で運ぶようにしましょう。

 

このように引越し費用はちょっとした条件を満たせば、安くなるかもしれません。

 

 

引越しの繁忙期とは?

 

引越し繁忙期

 

引越し業界には通常期に対して「繁忙期」と言われる時期があります。
そして繁忙期は3月前後のことを言います。

 

繁忙期になるのには、ちゃんとした理由があります。

 

日本では4月から新学期を迎えるので、新社会人や新大学生が新生活のために3月に引越しをします。
それぞれ一人暮らしを始めたり、寮に入ったり、地方から都会に出てきたりするのですが、新学期を目標とするためどうしても同じ時期になってしまいます。

 

しかもこれだけではないのです。

 

日本の多くの会社では春と秋の2回、人事異動があります。
そして春の人事異動が4月の新学期をスタートとするので、辞令が出たサラリーマンはやはり3月に引越しをすることになります。

 

これに通常の引越しもありますから、繁忙期の引越し業者は他の月よりもかなり忙しくなるわけです。
繁忙期にはスタッフを増やしたり、残業になることも多いので、費用を通常期よりも高く設定しています。

 

もし引越し時期にこだわりがないのであれば、この時期は避けて引越しするのがオススメです。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手続き

 

引越しの際にはすることが多いですから、簡単な手順を先に確認してください。

 

まず引越し業者への見積もり依頼ですが、新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえません。
見積もり金額を出すには新居の情報も必要だからです。
ですから新居が決まったらすぐに見積もりを依頼して、引越し業者と契約をしておきましょう。

 

荷造りは時間に余裕を持って行いましょう。
不要品を運ぶにも費用がかかるので、いらないものは処分するようにしてください。
不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越し前に処分しましょう。

 

引越し2週間前から転出届を出すことが出来ます。転出届は市外へ引越しする場合に必要です。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に各会社に引越しの旨を伝えて精算の手配をしてもらいます。
もし同じ市内での引越しであれば、同じ会社で新居の電気・ガス・水道を使えるようにしてもらうこともできます。

 

郵便物の引越しも必要です。
最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。

 

さていよいよ引越しですが、荷物の配送や配置は引越し業者にお任せください。
しかし自分で運ばなければならない荷物がいくつかあります。

 

貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運びましょう。
家具の配置はあらかじめ決めておくと当日の作業がスムーズです。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなど、必要なものの住所変更をしましょう。
忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりするので、忘れないようにしてください。

 

 

引越しのあいさつ

 

引越しのあいさつ

 

引越ししたらご近所への挨拶はしておきましょう。
挨拶で第一印象がだいぶ変わるので、引越し当日か翌日には行きましょう。
先延ばしにすると、ばったりと廊下や玄関先で会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

では引越しの挨拶はどこまで行けばいいのでしょうか?
マンションやアパートなら上下左右の部屋に挨拶しましょう。
大家さんや管理人さんが近所にいる場合はその方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がないので、おそらく町内で当番制で管理しているかと思います。
自治会長さんに挨拶に行って、ゴミ出しのルールなどを聞いておくと安心ですね。

 

もちろん挨拶だけという方もいますが、簡単な粗品があったほうが行きやすいです。
粗品は500〜1000円程度のものが良いです。

 

高級なものだと逆に相手が気を使ってしまいます。
どのようなものを用意するかは人それぞれですが、洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子などが多いようです。

 

 

引越し業者の有料オプション

 

引越し オプション

 

引越し業者には有料のオプションサービスというのがあります。
どんなことをしてくれるのか知っていますか?

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

引越し業者によってオプションの内容は違いますので、使いたいものがあるなら契約前に確認しましょう。

 

エアコンの移設は、引越し前に取り外して引越し後に取り付けを依頼しなければならないためとても面倒なのです。
自分でやってもいいのですが、オプションで「エアコンの移設」をお願いしておけば、引越し業者が代理でやってくれるので便利です。

 

ほかにも長距離の運転が苦手な方には車の陸送サービスがあります。
忙しくて時間がない、高速道路の運転が苦手、小さい子がいるなど長距離の移動ができない方にも重宝されています。

 

ピアノをお持ちの方にはピアノの運搬、調律のサービスがオススメ。
すべての引越し業者がピアノの運搬をやっているわけではないので、荷物にピアノがある方はご注意ください。

 

今どきだなと思うのが盗聴器を探すオプションです。
コンセントの中に盗聴器が隠されていることもあります。前の住人がターゲットだとしても気持ちのいいものではありません。
気になる方はぜひご利用ください。

 

 

鹿児島県
霧島市 曽於郡 日置市 鹿屋市 薩摩川内市 出水市 姶良市 南さつま市 鹿児島市 薩摩郡 指宿市 肝属郡 南九州市 阿久根市 曽於市 奄美市 西之表市 志布志市 いちき串木野市 伊佐市